家の価値は下がったほうが良い理由

佐藤文昭です。

 

以前
とあるマンションメーカーの
営業マンの方に
マンション購入を検討している
見込み客へ
ファイナンシャルプランニングを
して欲しいと依頼されました。

 

ファイナンシャルプランニングをして
家(居住用)を持つと
不動産として価値が上がれば
資産が増えることになる。

 

だから
マンションを買ったほうが良い
と専門家からの意見を
述べてほしいということでした。

 

しかし
この考えは間違えだと思います。

 

家(居住用)は
不動産として価値が上がっても
価値として増えた分を
お金に換えられません。

 

基本的には
家は切り売り
(子供部屋だけを売る
土地の一部分を売る)
は出来ないからです。

 

ちなみに
不動産価値が上がってしまうと
固定資産税なども上がってしまい
逆にデメリットです。

 

丸ごと家を売れば
お金になりますが
また新しい家に
住み替えなければなりません。

 

家が高く売れたということは
市況的に新しく買う家も
高くなっている
というのが一般的です。

 

ほとんどの場合
利益を得ることが難しいでしょう。

 

また、利益を稼ぐために
家の売買を続けていると
その仲介手数料がばかになりません。

 

仮に高く売れて利益を得たとしても
その利益はあっという間に
無くなってしまうことでしょう・・・。

 

借家の場合でも
その不動産価値が上がってしまうと
大家の支払
(固定資産税や修繕費など)が
増えてしまい
家賃の値上げ要因になってしまいます。

 

生きている限り
人は家(持家か借家)に
住み続けます。

 

そのため
家の価値は上がるより
下がるほうが良い
と言えるのではないかと
私は思っております。

 

家と価値の考え方
ぜひ、ご参考にしてみてください。

 

 

No■ 金融の力で幸せを掴むメルマガ 配信ご希望の方↓

■ 未来のお金を真剣に考えるための最新セミナーのご案内はこちら↓

⇒ 最新セミナー案内

■ 中小企業の社長さん応援します!文ちゃんの世直しラジオ!!↓

⇒ ラジオを聴く

■ 北洋テレビにレギュラー出演中↓

⇒ 北洋テレビを見る

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メールマガジン

メールマガジン