新築の家は買ってはイケナイ理由・・・ その2

資産形成専門の
ファイナンシャルプランナー
佐藤文昭です。

 

 

前回に引き続き
に関して
お話させていただきます。

 

繰り返しになりますが
私は新築の家を買うことは
お勧めしていません。

 

理由は
夫婦喧嘩が多くなるからです。

 

もちろん
すべての夫婦が
そうなる訳ではありませんが・・・

 

 

新築の家を買うと
収入に占める
住宅関連費が多くなります。

 

例えば
住宅ローン、修繕費
管理費、駐車場代
など・・・

 

その結果
夫婦共働きになるケースが
多くなります。

 

しかし
夫婦共働きになっても
妻だけが家事や育児を
しているケースが多いです。

 

夫が家事や育児を手伝っても
妻と同程度することは稀です。

 

そのため
夫は仕事だけをしているのに対し
妻は仕事と家事と育児をしている
ということになります。

 

また
家計の管理を
妻が主に担っている場合は
夫は支出に対して
責任感が希薄に成りがちです。

 

住宅ローンの
負担が多いので
妻が一生懸命の
節約しているのに
「今日は焼肉を食べに行こう!!」
などと
無責任な発言をしてしまいます。

 

この時
妻は内心、どう感じているか
ほとんどの夫は分かっていません・・・。

 

夫婦共働きになり
妻は家事や育児だけでなく
仕事の負担が増え
家計に関しても
ストレスがのしかかると
夫婦喧嘩が
多くなりがちになります。

 

私が多くの
家計相談を受けてきた中で
夫の無責任さに
子供が学校を卒業したら
離婚しようと考えている人は
けっこういます。

 

夫婦共働き世帯の
ご主人さん
気をつけてくださいね・・・

 

 

新築の家を買って
幸せなマイホーム生活を
手に入れるはずが
夫婦喧嘩が絶えない
ということになっては
不幸としか言えません・・・

 

 

家(新築でも中古でも)を
購入する場合
住宅ローンの
返済比率は月収の20%以内
(月収30万円なら6万円)
抑えて欲しいと思っています。

 

 

夫婦共働きにならなくても
幸せな生活をしていける返済比率
ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

No■ 金融の力で幸せを掴むメルマガ 配信ご希望の方↓

■ 未来のお金を真剣に考えるための最新セミナーのご案内はこちら↓

⇒ 最新セミナー案内

■ 中小企業の社長さん応援します!文ちゃんの世直しラジオ!!↓

⇒ ラジオを聴く

■ 北洋テレビにレギュラー出演中↓

⇒ 北洋テレビを見る

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メールマガジン

メールマガジン